読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツムツム 自動ハート送信方法

みなさん、ツムツムのハートが足りずに困っていませんか?

それはおそらく、ハートを送る時間がないからだと思います。そこで今回はツムツムのハートを自動で送る方法をお教えします。

 

ではさっそく!

 

①用意するもの
 ・iphone
 ・画面にマークが付けれるもの(テープや付箋で大丈夫です)

 

②設定画面へ

 下の図の通り設定画面へ移動してください

  一般     → アクセシビリティ →

f:id:nk19940709nk:20170301194031p:plainf:id:nk19940709nk:20170301194034p:plain

スイッチコントロール → レシピ  →

f:id:nk19940709nk:20170301194042p:plainf:id:nk19940709nk:20170301194038p:plain

 

カスタムジェスチャ → 設定画面

 

f:id:nk19940709nk:20170301194044p:plainf:id:nk19940709nk:20170301193243p:plain

 

③作業を覚えさせる

 カスタムジェスチャとは?
 →iphone備え付けの機能で、簡単な作業を記憶させてそれを連続で行ってくれる機能です。

今回は私が設定している方法をお伝えします。
まずハートを送る際に必要な作業を表示します。

ハートをタップ → OKをタップ → 画面のどこかをタッチ

f:id:nk19940709nk:20170301195503p:plainf:id:nk19940709nk:20170301195452p:plainf:id:nk19940709nk:20170301195925p:plain

 

画面を上へ移動させる → またハートをクリック

f:id:nk19940709nk:20170301200242p:plain

 

④以上の作業を画面に覚えさせる

 まず、ツムツムの画面でタップやスクロール場所を覚えるためにテープを貼ります。

 その後、カスタムジェスチャの画面にいき同様の動作をする流れになります。

 

f:id:nk19940709nk:20170301200819p:plain

 

このようなイメージで動作を記憶させます。

 

 

⑤実際に動作を確認する

ホームボタンを3回連続タップすれば起動します。

その後画面のどこかをタップするごとに覚えさせた動作が起動します。

つまり、タップした回数だけハートを送ってくれるということです。

 

 

 

私はこの方法で2週間で1万個近く手に入れることができました。

ぜひやってみてください!